健康でいるために

ウーマン

自身の食生活を知ること

私たちは普段の食事でどのくらいのビタミンを摂っているのでしょうか。ビタミンは、脂溶性ビタミン、水溶性ビタミンと分類されており、さらにその中でも多くの種類があり、さまざまな食品に含まれています。ビタミンは、からだの調子を整える働きがあり、これらが不足すると、さまざまな病気や成長不足を引き起こしてしまいます。ビタミンは、人のからだでつくることが不可能なため、食べ物や健康補助食品で摂取する必要があります。そうはいっても、必要摂取量は微量であり、過剰に摂取すると弊害が起こることがあります。そのため、サプリメントなどの健康補助食品にすぐに飛びつくのではなく、どの食材にどのようなビタミンが含まれているのか知り、自身の食生活をまず振り返り、整えることから始めることが大切です。しかし、人によってさまざまな事情で食事からなかなかビタミンをとることができない場合もあります。そのような場合は健康補助食品をうまく取り入れて活用することができます。健康補助食品を活用する場合は、どのくらいの量をいつとるのか、どのような効果が得られるのか、など、正しい知識を持つことが必要です。健康補助食品は薬ではないため、多種類を大量摂取したり、併用すると健康障害をもたらす可能性もあります。そのため頼りすぎるのではなく、自分の食生活をよく理解し、本当に必要なものと見極めてからうまく取り入れていくことが最も望ましいと考えられます。