身体に必要な栄養

サプリメント

補助するメリット

サプリメントは栄養を補助するために摂取するもので、その中でも代表的なものがビタミンです。ビタミンはタンパク質や脂質、炭水化物と異なりエネルギー源となったり細胞を作る成分ではありませんが、これらの栄養素がうまく働くための媒体となるものです。エンジンで言えば潤滑油のような働きであり、ビタミン不足は身体に対して悪影響を及ぼします。普段、ビタミンは食事によって摂取されていますが、偏った食事によって身体に必要とされる量や種類を摂取することができなくなります。ビタミンの種類としてはおおまかにわけると水溶性と脂溶性があります。水溶性は身体に排出されやすい一方で脂溶性は体内に蓄積しやすい性質を持っています。水溶性は身体から抜けてしまうので少量を頻回取る方が良いとされています。サプリメントの選び方も同様にそれぞれの不足する状態に合わせて選ぶことが大切です。また特定のビタミンだけでなくバランスよく摂取することも重要で、サプリメントでは複数の種類を配合したマルチビタミンという形で提供されているものが人気です。マルチビタミンのポイントは一日に必要な量を効率よく摂取することができることが出来るものです。主に含まれるものはビタミンB群が中心ですが、その他の種類も含まれることで総合的に身体が必要としている分を補給することができます。ビタミンサプリメントはスタンダードなものでドラッグストアやコンビニでも売られていますし、通販でもより高機能なものが売られており簡単に手に入れることが可能です。