13種類の栄養素

女の人

水溶性と脂溶性の違い

私達の日々の健康に欠かせない営業成分のビタミンですが、そのビタミンは13種類あり、大きく水溶性と脂溶性の2グループに分けることができます。水溶性ビタミンはB1、B2、B6、B12、C、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類で、汗や尿などから排出されるため、毎日摂取する必要があります。そして水溶性ビタミンは水に溶けやすく、熱に弱いという特徴も持っています。栄養の観点から見た場合、水溶性ビタミンを多く含む食品は、煮たり茹でたりといった料理法は向いていないことを知っておくと良いでしょう。脂溶性ビタミンはA、D、E、Kの4種類で、体外に排出されにくいため過剰摂取には注意する必要があります。脂溶性ビタミンは水溶性と違い、水に溶けにくく、熱に強いという特徴を持っています。そして油と一緒に摂取することで、体内に効率よく吸収される特徴も持っています。このことから脂溶性ビタミンを多く含む食品は、加熱調理に適しているといえるでしょう。たくさんの種類があるビタミンですが、体が疲れている人に摂取していただきたいのが、ビタミンB1、B2、C、Eです。B1には糖質をエネルギーに変える働きがあり、これが不足するとエネルギーが不足し、疲れやすい体になってしまいます。B2には脂質をエネルギーに変える働きがあり、摂取することで疲れにくい体を作ることができます。体が疲れている時、体内には活性酸素が過剰にある状態になっています。CとEには抗酸化作用があり、この活性酸素を取り除いてくれる機能を持っています。